群馬の日本酒の酒蔵「譽國光」6代目のブログ
群馬の美味しい日本酒を、ここ川場村から発信!!また譽國光(誉国光)の酒造りをブログでご紹介。
プロフィール

土田 祐士(つちだゆうじ)

Author:土田 祐士(つちだゆうじ)
群馬県の川場村にある日本酒の酒蔵「譽國光(誉国光)」の
社長杜氏<ほまれこっこう>と読みます。
酒造りで奮闘中!

【住所】群馬県利根郡川場村
【誕生日】1976年4月7日
【血液型】B型
【あだ名】六代目
【趣味】日本酒・PC・サッカー・車・自己啓発
【好物】日本酒・野菜・麺類
【特技】日本酒・酒造り・ガンダム
【座右の銘】笑う門には福来たる
【これを肴に日本酒が飲める】
ガンダム・銀河英雄伝説
エヴァンゲリオン・TRPG
ファミコン・ボードゲーム
パトレイバー・ブログ書き
商売ネタ・酒造り(酒作り)談話



カレンダー(月別)

11 ≪│2007/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



コメントありがとう!



トラックバック感謝!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よいお年を~
もう大晦日ですねー。
今年もこれで終わりとなり、明日から2008年なんですね。
区切りは人間がつけたものなので、通常の1日と思えば何も変わらないはずなのですが、やはり年越しというのはちょっと感慨深いものですね。

そして、明日は元旦!
新年の始まり!
一年の計は元旦にあり!!

・・・わたしはいつもどおりお酒造りしてます(;´∀`)
ということで、来年一年もお酒造りにあけくれそうです(苦笑)


さて、元旦に放映されます開運なんでも鑑定団を、お時間ある方はご覧いただけないでしょうか。
といいますのも、現在当蔵のラベル文字を書いて頂いている、女流作家の柏木白光(かしわぎびゃっこう)先生が、ご出演されるからです!
もしかしたら譽國光の文字が出るかも・・・なのです!
わー、楽しみー ヾ(*´∀`*)ノ


それと、以前に書かせて頂いた、今年搾ったばかりのお酒の解説を当蔵のHPにてアップいたしました。
こちらもお時間あるかたお願い申し上げますm(_ _)m



それでは、本年最後のブログ更新でございます。
ご覧頂いて方々に本当に感謝しております。
本当にありがとうございました!!
来年も引き続きがんばっていきますので、ぜひともまたご覧ください!


それでは・・・




良いお年を!!


スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

雨(´・ω・`)
当蔵のあります川場村は、季節はずれの雨でした。
雪じゃないのがびっくりです。

いよいよ年末ですね。
すでにお正月休みに入っている方もいらっしゃるみたいですねー。
私は、お酒の仕込みや見守りがあるため、長い休みがとれません(>_<)
気を抜くと、お酒さんがピンチになってしまうもので!今年の最後までがんばんぞ~ぉ。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

今年の一文字
今年の一文字を表すのは



「偽」


だそうですね。
確かに多かった(>_<)

食品業界に身を置いてるものとしては、本当にいつもピシッと緊張をしながら仕事をしなくてはいけないなー、と改めて思っております。
そんな意味で、今回のブログは、造っている日本酒を皆様に安心して飲んで頂けるよう、時間がある限り公開してまいりました。
食品業界全体が、来年は「真」という年に変わることを祈っております。


テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

メリークリスマス!
世界中の皆様に幸せな日でありますように・・・m(_ _)m

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

クリスマスイヴ前日
え、明日クリスマスイヴ!?(゚Д゚;)



現在、日本酒の酒造りのため引きこもり状態のため、時間の感覚がわからない状態です
有馬記念も今日だとは気づいておりませんでした。

世間は、クリスマスイヴ前日ということで、さぞかし賑やかな事だと思います。
心なしか、ここ川場村もクリスマスムードな気がします。と思いましたが、やっぱり雰囲気はかわっていません。

朝はかなり雪があったのですが、お昼になればもう雪解けという、いつもの季節感とは異なり少し変な気分でございます。
冬は冬らしく、できればある程度雪が降って、気候が寒い方が嬉しいんですよねー。
といいますのも、寒くなると日本酒が飲みたくなる人が増えるからなのです。

こりゃまたなんでか?
単なる伝統的なものか?

と最初は思っていたのですが、どうやら「食の陰陽」に関係あるそうです。
食べ物は、体を温めるものから、冷やすものがあるそうです。
例えば、夏の旬の野菜などは体を冷やし、冬の野菜は体を温めるものが多いそうです。
実は旬の物を食べるというのは、とても理にかなっているそうなのです。

で、お酒にもこの陰陽があるそうなんです。
「お酒は全部体を温めるんじゃないの?」
と思われますが、これはアルコールを飲んだ事で血流が良くなったため。
実はお酒の種類によって、体を冷やしたり温めたりがあると、最近の研究でわかってきたようです。


で、結論から先に言いますと・・・
よく耳にするお酒の種類で、体を温める効果があるのは日本酒。
ワイン・焼酎・ビールなどは、すべて体を冷やす効果という事なのです。

これはびっくり!
深読みすると、もしかしてDNAが

「そろそろ寒くなってきたから、日本酒飲んで温めようぜー」

という事で、冬場になると日本酒が動き出すのかなー、とか勘ぐっております。
確かに、夏場に日本酒をたくさん飲む人は少ないのもこのためのなかな・・・

これを考えると、冷え性の方や、夜が寒くて寝られない方は、日本酒をほんの少し飲むだけでも解消できるのではないでしょうか?
日本酒だけはきついという方は、当蔵の日本酒で漬けこんだ梅酒などはいかがですか?
この理論でいけば、体を冷やしてしまうアルコールでつけたものより、日本酒でつけた梅酒の方が温まると思われるからです。


日本酒は冷え性の方への特効薬なのかもしれません。
まさに、酒は百薬の長!
もちろん飲み過ぎには注意が必要ですが(;´∀`)


テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

初搾りの中身でーす
先日、とあるセルフのガソリンスタンドに行ったときでした。
そこは、レーンに番号がふってありまして、給油したあとにレジに行ってその番号をつげてお会計をするというシステムになっておりました。


「お客様の番号は何番ですか?」
「2番です。」
といつものような流れで、私が会計をしていますと、次のお客さんがやってきました。


「お客様の番号は何番ですか?」
「ぬ、の、32**」
って、それクルマのナンバーですよ!(゚Д゚;


と隣で、思わず吉本新喜劇ばりにつっこみたくなる珍答に直面。
こんな公の場所でナンバー言ったら、個人情報もれてしまいますよ。
と、そっと忠告すべきかと思いましたが、よく考えたらクルマのナンバーは公なものじゃんと、セルフ赤面をしながらそそくさとその場を立ち去りました。





というわけで、本日の本題は、初搾りのお酒に関して!(`∀´)


味に関していいますと、搾りたてらしい若々しいお酒です。
最初、お米のほどよいうまみがフワッと口の中に広がります。
その後、水の柔らかさが口に残り、なんとも後ひくキレの良さがあると思います。
まだ搾りたてだけに、若干の酸味と苦味がありますが、これは熟成されたときにバランスの良い味になると思いますので、将来がとても楽しみでございます。

お酒の香りは、この時期だけの生の新鮮な香りが残っていて、とても華やかでございます。
アルコールの度数が20度弱なので、お酒の弱い人(わたし含む)は、少量で酔えます!
これだけ度数が高いと、少しアルコールの匂いも感じるかもしれません。


酒造としてのこだわりは・・・今までのブログを見て頂いたとおり、1つ1つ真剣にそして丁寧に造ってきたことだと思います。
技術的な部分では、今までの発酵の温度経過とは少しことなり、最初の段階をかなり低温でもっていったので、ソフトで綺麗な味になったのではないかと思っております。

原料米は、青森県産のむつほまれ。
これを、4割削ったものです。
水は、関東名水百選にも選ばれた、当蔵の超軟水。
日本酒度でいうと、約+2。
酸度が、1.8(まだ炭酸ガスがあるため高めです)
アルコール度数が、約19.6度です。


といっても、このような数字的な成分には表れない、なんともいえない深みがあると、造り手としては思っています。
手前みそになりますが、自分のお酒はやはり、美味しいと感じるのが人間というものではないかと、勝手な言い訳をしております。
お酒造りは子育てと一緒、と言われる方がいますが、自分の子供を愛さない人がいないように、できたお酒も愛したいのが人情です。
といっても子供がいないので説得力がありませんが。

日本酒を造る事ができて、本当に嬉しい。という味でしたm(_ _)m


テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

ラベル貼ってみました
こんばんはー!いきなりいいわけからいきまーす!





酒造り114


・・・携帯写真の限界です (´・ω・`)
安西先生、新しいデジカメ欲しいです _| ̄|○


この新酒は、譽國光誉国光)のホームページにも数日後に掲載予定ですので、ご興味ある方はぜひ覗いてみてくださいm(_ _)m
明日は、このお酒の成分などの内容をご説明いたします!



最近気づきましたが、身長が170cmギリギリの男性は、ほぼ10割の人が「170cm」っていいますね。
男の見栄でしょうか?
ちなみに私も170cmといいます。
実際は、169cmですけど!!
身長詐称でしょうか??(*´д`*)



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

美味しい~ぃ!
新酒おいしい!


なぜか今は、モニターが曇ってみえないです。
涙なんかじゃないですよ( ;∀;)

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

今年初めての新酒です!
初新酒搾りました!(*´∀`)


いやー、泣けました。全米が泣きました。
うっすらと涙がでました( ;∀;)

さてお味は・・・と言いたいところなのですが、税法上まだここで飲んではいけないことになっております。
搾ったお酒の全量とその成分を分析。そして酒粕の量を計るまでは一切外に出してはいけないのです。
明日、すべての確認を行う予定ですので、味に関しては明日報告いたしまーす( ´∀`)



酒造り112

これがヤブタといいまして、うちのお酒をしぼる機械でございます。
板が横にずらっと並んでおります。
この間に、日本酒の醪が入りまして、横からプレスされます。



酒造り111
そうすると、このように液体(日本酒)になる部分と、残り(酒粕)になる部分に分かれる、といった仕組みになっております。

搾りたてはかなりデリケートなので、他からの菌などが侵入しないように神経を使います。
このヤブタは、空気に触れる区間がほとんどないので、そういう意味ではとても安心して使えるのです!ありがとうヤブタ!



酒造り113
搾ったお酒はホースでタンクに移動します。
明日になるとすべての量がわかりますので、それまで味見はお預けです。
早く明日にならないかなー(;><)
気分は、修学旅行前の小学生です。



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

いよいよ搾りです!
てんやわんや、というごろはいいけど語源がわかりませんでしたが、今はなんとなくわかる気がします。


もう、てんやわんや(やっぱり意味はわかっていません)


搾り前に、やることが集中しまして、夢の中を走ってるようです(;´∀`)
今まで寒いところや暑いところや徹夜したりした思い出が、すべてこの一滴に垂れてでてくる瞬間でございます。

明日は、泣いてしまうかも(´;ω;`)

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

山田錦到来!
ウルトラセブンが、メンタンピンとしゃべる事にぷちショック!



先日、節約の話をしましたが、もうひとつ。

夕飯の買い出しのため、某スーパーに買い物に行ったときです。
ダシ汁を作りたいので、粉状のかつおダシを買おうと思いました。
こういうダシも色々あるんですね。かなりの種類の中から何を選ぼうか悩んでおりました。
値段はピンキリなのですが、分量がかなりまちまち。
それほど量はいらないので使い切りのサイズがいいのですが、意外と高い。
逆に一袋にまとまっているのは、値段は安いのですが量が多い。
また使うかと思えば、量が多くてもよいのですが、保管に困る。
さらに、この値段の差で味がかわるのか。パッケージをとっては表示を見比べる・・・



などと本気で10分くらい悩んでいました。


端から見たら、この人はダシを目の前に何を悩んでいるんだろう、と心配に思われたかもしれません。
いいんです、こっちは節約のために真剣なんですよ!

酒造りのコスト削減にはまったく貢献していないことに後から気づきました(´・ω・`)
むしろ、早く買い物してその分を仕事にまわしたほうがいい事にも後で気づきました(´・д・`)



という訳で、そのくらい厳選して材料を選ぶ私ですので、お酒造りの材料も厳選しております!
その中で本日紹介するのは「山田錦」でございます。
知る人ぞ知る、大吟醸によく使われるお米、山田錦。
このお米は「酒造好適米」(しゅぞうこうてきまい)という分類に属しております。
これは、お酒を造る時に適しているお米ということで、国が定めている品種になります。



酒造り108
写真をみて頂くと、中心部分に白いものがあります。
これが「心白」(しんぱく)といいます。
こころがしろくて、しんぱくとは、なかなか粋な名称ですよね。

この心白は、でんぷん粒がつまっていて、水を吸う具合もよく、また良い麹が作りやすくなるといった、とても重要な部分になります。
さすが酒造好適米というだけあって、山田錦はこの心白がとても多くあります。
しかし、その分とても扱いがシビアなのです。

何がシビアかというと、水分を吸うタイミングがとてもとりづらいのです。
ある時間までまったく水分を吸わないので油断をしていると





Σ(゚Д゚)



というように、一瞬にして水を吸ってきます。
そのため、片時もお米から目を離すことができません。
わずか30秒の時間のずれで、吸水の歩合がかわってしまいます。
それなので、迷っている暇はありません。




ここだ!



と、自分の勘に思いをこめてあげて




あ、少し吸いすぎた(TдT)




という事があるのが怖い山田錦です(;´ρ`)






テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

いよいよ搾りまでカウントダウン
いよいよ、いよいよいよいよです!
お酒を搾る瞬間が近づいて参りました!(゚∀゚)


一番目のお酒というのは、今年の方向性を決めてくれる、とても大事なお酒です。
この味次第で、今後のお酒造りの仕込み方を変えたりします。
そのため、搾りが始まる瞬間がとても待ち遠しくもあり、緊張でもあります。
合格発表をまつ高校生の気分でしょうか?大学行ってないのでよくわかりませんが(´・ω・)

現在の状態ですと、18日か19日のあたりになるかと思われます。
すでにカウントダウン状態。
まだかまだかと新酒を待っています。
そのため蔵の中にも緊張した風が流れます。
この風!この肌触りこそ酒造りよ!(by ランバラル)

搾りたては、熟成されたお酒と違い、このときだけしか味わえない格別なお酒でございます。
若い味ではありますが、蔵人の思いが凝縮されているお酒だと思っております。
ぜひとも、このブログをご覧になられている皆様にも、この思いが凝縮されているお酒を味わって頂ければ幸福でございますm(_ _)m


テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ


先日、浮標の話をしましたが、大変不評で・・・というしゃれから始めようと思いましたが、ネガティブネタはいかんざきと思い、仕切り直しいたしますm(_ _)m



以前もお話しましたが、浮標で測るときには、まず「ろ液」をとらなくてはいけません。



酒造り080
理科の実験で、こんなことしませんでしたか??
日本酒の醪をこのろ紙において、出てくるろ液から分析を行います。




酒造り080

この写真見ていると何かを思い出すんですよね・・・

・・・うーん

・・・



・・・(ぴこりん!)(頭に豆電球)(表現ふる)



あれだあれ、コーヒーのドリップ!
よく考えたら、原理的には一緒ですよね。
いわば、コーヒーの醪を濾紙に落として、液体を分離させる。
それならば、わざわざ実験用の高い濾紙じゃなくても、コーヒーのドリップ紙でもいいんじゃないかな?




酒造り109

というわけで善は急げ!
買ってみました、大量にとれる業務用ドリップ!!
とりあえず、ちゃんと使えるのかお試しという事で、今までの実験用の濾紙と同時に比べてみました。結果



まったく大丈夫(´ー`)


でした。



コーヒーを飲むものだけあって、ろ液が出るスピードも早い!
また、口に入れるものだから、成分がかわるようなものも使っていない!
そしてなんといっても、安い!うまい!(うまい?)
実験用の濾紙と違って、なんと1/6の値段!
毎日使うものですから、安くて安心なものっていいですよね。
まさに、濾紙を売っていた業者泣かせの魔法の紙ですね~。
酒造関係者の方はぜひ使ってみてくださーい(酒造関係者の人がみているのか、という疑問はありますが)
しいて短所を言うなら、コーヒー好きの人間が思わずこの紙を使ってしまう事があるかも、というくらいですが、私はコーヒーが一切飲めないのでその問題も安心です。



このように、小さい事からコストダウンを行っていって、原油が上がっていっても、お酒の価格をあげないよう、吸収できるようにがんばっております!
節約術がありましたら、皆様もぜひとも教えてください!



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

お笑い
昨日は、途中でアンジャッシュっぽいネタを挟みながら、最後は長州小力で落とす巧妙な作戦はいかがでしたでしょうか?
え、気づかない?
すいません高尚だったでしょうか。いや、低レベル(というかわかりづらい)すぎて気づかなかったですよね、はいすいません(´Д⊂ヽ

書いたことを、後悔してないと言ったら嘘になります(´・ω・)


という訳で、私の好きな芸人ご紹介です!
とても強引なつながりですが、芸人さんの話になりましたのでせっかくつかんだこの流れを(つかんでないですけど)利用させて頂きます。
コンセプトとしまして、まだテレビではあまり出てないけど、ネタ的におもしろい芸人さん、としております。


では、れっつらごー(ふる)



ラバーガール
みかけは本当に普通の人です。インパクトはないかもしれません。
しかし、かなり計算されていたネタで、本当に大好きです。クスッと笑ってしまうところから、大笑い。そして思わずうまいなー、と思ってしまうネタが多いです。
派手さがないぶん、逆に我々の生活している部分と、仮想との部分の狭間をうまく行き来するコント漫才だと思います。
コンビでは、私一番のおすすめです!


パンクブーブー
とにかく流れがいい!
ロングなぼけとショートなぼけを組み合わせて、緩急をとてもいいタイミングで入れて、見てる側をずっとひきつけてくれます。
かなり組み立てているのだと思いますが、私はこういった計算された漫才って好きなんですよねー。


ストリーク
必ず野球ネタを仕込む芸人さん。
マニアでないとわかりづらい選手の物まねとかも入っていますが、野球ネタを見事に絡ませてリズムよく流れる漫才がとてもおもしろいです。
本当に野球が好きという事がわかりますし、好きなものを漫才に組み込むことでとても生き生きした漫才となっております。
かなり場数を踏んでいるなー、というのがよく感じられます。


NON STYLE
こちらも計算された流れですが、アドリブも入ったりと観客をつかみながらの進める、とても巧みな漫才です。
漫才の前半でやっていたネタを、後半にも持ってきたり、全体の流れがすごくうまいコンビだと思っています。


アントキの猪木
最近画面に出てきていますが、本当におもしろい!
今まで色々なアントニオ猪木の物まねさんがいますが、一番似ているんじゃないでしょうか。
あまりの白熱した演技のため、3分くらいしかもたないみたいですが(笑)
アントニオ猪木が**だったら、という仮想の話ですが、イメージが見事にうかぶネタで本当におもしろいです。
私も酒造組合の司会で、物まねをさせて頂きました。
ネタ芸人という人では、今一番おすすめですヽ(´ー`)ノ



いやー、漫才って、本当にいいですね。
もしお時間ある方は、ぜひ一度この方々のTV番組を探して頂いて、みてくださーい。
それではさいならさいなら、さいなら。
(酒造日記??)


テーマ:ブレイクしそうな芸人 小島義雄 - ジャンル:お笑い

酒造りブログ:留 13日目
最近写真が載ってない!
と、今更ながら気づきまして、本日久しぶりの投稿写真でございますm(_ _)m


最初に仕込んだ日本酒ですが、発酵もだいぶおさまってきました。
そろそろ搾りにむけてのカウントダウンが近づいてきております。
日本酒の搾りの事を「上槽」(じょうそう)と言います。
この上槽のタイミングをいつにするか、これがまた非常に悩みます。
味、香り、手触り、醪の発酵の具合など五感を総動員して判断をするのですが、大きな目安となるのが、前にも説明させて頂きました浮標によるものです。



酒造り106
これですね。
実は、この浮標は目盛りが2ずつの単位になっておりまして、細かい部分がわかりづらいのです。
そこで上槽が近づいてくると、よりわかりやすい数値にするために



酒造り107
このように、目盛りが1ずつでしかも大きな浮標に変更します。
戦士→聖戦士へのジョブチェンジといった感じでしょうか。
または、ザクからグフへMSが変わったというべきでしょうか。ザクとは違うのだよザクとは!!


かなり精密に測ることができますが



やっぱり人の目で判断



というアナログ部分は残っておりますが、この数値がかなりの情報になりますので、慎重に測っております。

この数値は何を示しているかと言いますと・・・
発酵をして、酵母がアルコールをだすにはブドウ糖が必要になります。
そのブドウ糖を酵母が食べてアルコールを出します。
日本酒を造っている中で、どのくらいの糖度があるか測るのがこの浮標です。
という事は、酵母が糖分を食べてアルコールを出すほど、この数値は下がっていきます(ブドウ糖が減っていきますので)
五感+この数値を判断材料にして上槽を決めているという事になります。


これを酒造業界では「きれる」と言っています。
突然怒ったりするという意味ではなく、ブドウ糖がなくなり、アルコールが出てきている健全な発酵にたいして、きれると言っております。
逆に、きれてないと、これは発酵が止まったことになります。
発酵の途中できれてないと、これはとても大変な事になるのです。

という事から、我々は日常的に「きれてますか?」「昨日はかなりきれたよ」「うちはきれ方がまだ悪い」など言っております。
酒造関係ではない人が喫茶店あたりできいたら、とんでもない会話ですよね。




「きれてますか?」


「きれてない」(人差し指をふりながら)(きれなきゃダメなんだけど)



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

いびきは疲れのバロメーター?
疲れているせいか、いびきが大きいようです。
隣で寝ている人から、いびき大きいよ、と言われてしまいます。
え、隣に寝てる人がいるって?
いや~、私だってうら若き男性ですよ!まだ31歳ですよ!
隣で寝る人が一人や二人いますよ!
・・・男性でしかも70歳近いというのは秘密ですが。
そのイビキで自分が目覚める奇跡。プライスレス。



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

日本酒っておいしい

本日は、忙しさが一段落して、久しぶりにお酒を飲みました。
久しぶりのお酒は、体に染み渡るように浸透しますね。
何が言いたいかといいますと、本日のブログ更新は、簡潔にすむことご容赦願いますm(_ _)m


テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

ご来場 ご紹介
こんばんは、安い男です。
何が安いかといいますと、お酒は1合飲めば充分満足(´∀`)
たばこはすわない。ギャンブルもしない。という事で、とても安くすむのが特徴です。
たまに、何が楽しくて生きてるの?とか聞かれるのですが、耳をふさいでダッシュです。


・・・
・・・・・・はい、では今日の話題ぃっ!(゚Д゚) (吹っ切るように)
しかし、今日は寒かったですね~。
こ、これはいよいよ道が凍るかも(゚Д゚;)
というような、肌を突き刺す寒さでした。日中に太陽が出ているのに寒い。
あいだみつおさん風にいいますと、だって川場村だもん。


この寒さに体が震えますが、心も震えるのが、今日も新潟の蔵人がいないもので一人で麹造りのお留守番です。

不安(´Д⊂

寒い(つД`)

寂しい(つд⊂)

でもこの逆境が楽しいヽ(・∀・ )ノ

と、自分でもちょっとマゾっ気があるのかな、と思いながら日本酒造りのブログを書いております。
という事で蔵には一人です。咳をしても一人です。(文学的?)
なので、後ろに誰か立ってるとかあったら怖いです。
侵入者対策で警報機がありますが、半透明で鳴らない人がご来場したら怖いので、そっと布団にもぐります。



ご来場といえば、先日、私のブログの師匠のぶ山さんにおいで頂きました。(ぱちぱち)
人物005

さすが、仕事をモデル、と言い張る男だけあって、素敵笑顔!
なんと私おすすめの純米酒をご購入頂きました!
本当にありがとうございます!m(_ _)m
ちなみに奥さんのお父様へのお土産ということです。
顔から想像させないその優しさが素敵です師匠!!


さて、そろそろ麹を見に・・・あれ、蔵には誰もいないはずなのに、あそこにいる人誰だろう?(とかいうオチはありませんのであしからず)


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

日本酒造りブログ:留 9日目
おまっとさんでした!(by きんきん風)

三日間更新ができず、大変申し訳ございませんでしたm(_ _)m
また、応援のメッセージ本当に本当にありがとうございます!
これだけ蔵にこもっていますと、世情にうとくなり、えーっ民主党が参議院で過半数とったの!群馬の福田さんが首相なの!と言いそうなくらいの浦島太郎状態です。


さて、新潟から来て頂いている蔵人が、現在休暇のため一時帰宅しているため、その分の仕事までしている状態ですので、さすがに体力的になくなっておりました。
ドラゴンクエストにたとえると、画面が黄色の状態です。(まだ赤じゃない)
そのためブログの更新に手が伸びず、いつもご覧にならている方々をヤキモキさせてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます!
私は元気に今日も日本酒を造っております!ぜひ蔵にご見学においでくださーい。



さて、日本酒造りのほうと言えば、留(とめ)てから、すでに9日目になります。
本当に時間の流れは速いものですねー。光陰矢のごとし。酒造りの工員も矢のような奮闘ぶりで、時間を忘れて日本酒造りに励んでおります。

そのような中で、今回造っている日本酒ですが、お米の溶け具合が少し緩やかなのです。
今年はあまり溶けないよ、という事を聞いていたのですが、ここまで溶けないとは!とかなりびっくりです。
去年は逆に溶けてしまい、驚きましたがまったく逆の年となりました。
お米のできで、これだけ造り方がかわってしまうので、日本酒造りは大変だなーとつくづく思いながらも、毎年違うことが逆に楽しかったりもしています。


というわけで、今回造りをご紹介している日本酒に関しては、綺麗な味でスッキリとした軽快な日本酒になると、この時点では考えられます。
お酒をしぼるときが楽しみであります!


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

酒造りブログ:留 5日目

いよいよ留てから5日めになります!
といっても大きな変化がなくご報告することがありません(´・ω・`)
悲しいけど、これ酒造りなのよね。

明日からは、何かひねってご紹介したいと思いまーすm(_ _)m

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

酒造りブログ:留 4日目


酒造り105

これが、4日目の様子でございます。
発酵をしていて写真のとおり泡立ちが多くなり、お米が溶け出しています。
酒母が良かったのか、いつもよりかなり元気に発酵しているのがよくわかります。

通常の3倍のスピードで発酵しております!(それは言い過ぎ)


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

酒造りブログ:留 2日目
留(とめ)を行ってから、今日が3日目になります。


酒造り104

これが2日目の様子です。
かなりお米が残っていて、かたい感じがします。


それが、今日になると、だいぶ液体っぽくなりまして、表面もしゃぶしゃぶ、といった状態です。
今日の写真をとりわすれてしまいましたので、明日掲載させて頂きますm(_ _)m


ちなみに写真は携帯カメラ。
携帯カメラに限界を感じたので、そろそろデジカメほっしぃ~。
という事で、どんなカメラが良いか、どなたかアドバイス頂けたら大変助かりますm(_ _)mm(_ _)m


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。