群馬の日本酒の酒蔵「譽國光」6代目のブログ
群馬の美味しい日本酒を、ここ川場村から発信!!また譽國光(誉国光)の酒造りをブログでご紹介。
プロフィール

土田 祐士(つちだゆうじ)

Author:土田 祐士(つちだゆうじ)
群馬県の川場村にある日本酒の酒蔵「譽國光(誉国光)」の
社長杜氏<ほまれこっこう>と読みます。
酒造りで奮闘中!

【住所】群馬県利根郡川場村
【誕生日】1976年4月7日
【血液型】B型
【あだ名】六代目
【趣味】日本酒・PC・サッカー・車・自己啓発
【好物】日本酒・野菜・麺類
【特技】日本酒・酒造り・ガンダム
【座右の銘】笑う門には福来たる
【これを肴に日本酒が飲める】
ガンダム・銀河英雄伝説
エヴァンゲリオン・TRPG
ファミコン・ボードゲーム
パトレイバー・ブログ書き
商売ネタ・酒造り(酒作り)談話



カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



コメントありがとう!



トラックバック感謝!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加工米
今回のお米の騒動で「加工米」という言葉が出ております。
日本酒でも使っているのですか?というご質問を当蔵でもうけておりますが、私の日本酒造りには使っておりません。
加工米の酒造りを見たことがあるのですが、それを見ていた私は「こりゃ自分では使えないや」と思ったからです。

加工米とは、お米の大きさが小さかったり、割れていたりと品質的にバラバラなものがくるので、扱うには技術が必要で難しいお米だと思っております。毎回くるお米の品質が激しく違うようなのです。
そして、そのようなお米なので品種が特定できずどんなお米の種類かがわからないため、お酒の味が想像できないため、使っておりません。
心のうちとしては、技術がたりないのと、味がどうなるかわからないので使うときにかなり不安になるので使えないのです。

しかし、日本酒の蔵が手に入れる加工米は、通常は農協さんを通しているお米なのでこのような事件はありえない加工米でございます。まったくもって安心なお米です。
一般の店頭では並びにくいお米なので、それを使うことはとてもエコロジーだと思いますし、価格的にも安いので企業としてのコスト削減にもなると思います。
といっても、やはりどんなお酒になるかわからない不安定なお米であるため、使用しておりません。
私個人としての加工米の見解はこのような感じです。

スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://homaresake.blog122.fc2.com/tb.php/189-1b7740e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。