群馬の日本酒の酒蔵「譽國光」6代目のブログ
群馬の美味しい日本酒を、ここ川場村から発信!!また譽國光(誉国光)の酒造りをブログでご紹介。
プロフィール

土田 祐士(つちだゆうじ)

Author:土田 祐士(つちだゆうじ)
群馬県の川場村にある日本酒の酒蔵「譽國光(誉国光)」の
社長杜氏<ほまれこっこう>と読みます。
酒造りで奮闘中!

【住所】群馬県利根郡川場村
【誕生日】1976年4月7日
【血液型】B型
【あだ名】六代目
【趣味】日本酒・PC・サッカー・車・自己啓発
【好物】日本酒・野菜・麺類
【特技】日本酒・酒造り・ガンダム
【座右の銘】笑う門には福来たる
【これを肴に日本酒が飲める】
ガンダム・銀河英雄伝説
エヴァンゲリオン・TRPG
ファミコン・ボードゲーム
パトレイバー・ブログ書き
商売ネタ・酒造り(酒作り)談話



カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



コメントありがとう!



トラックバック感謝!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麹造り①
この日は麹造りでございます。
麹は酒造りにはとっても大事で、酒造りの命であります。
なぜ大事かは後ほどご説明いたします。
今回は手順の説明いたします。


酒造り
先日漬けておいたお米を集めます。
水分がしっかりと中まで入っています。これがポイントです。


酒造り
次にお米を「甑」(こしき)に乗せます。


酒造り
これが甑です。
でっかい蒸し器だと思って下さい。
蒸気があがっていますが、この蒸気でお米を蒸します。
食べるお米は炊きますが、酒造では蒸します。これもポイントです。


酒造り
蒸気があがってから約40分蒸します。
そしてそれをすぐに桶に入れて運びます。
ここは力仕事ですね。


酒造り
それを冷まします。
秋になってだいぶ気温が下がっているので、冷めやすくなっています。


酒造り
ある程度下がったのを見計らって、麹を造る部屋「室」(むろ)に入れます。
部屋の温度は32℃。
作業をすると汗だくになります。
ダイエット効果もあるかも(笑)


酒造り
ここで、目標の温度までゆっくりと下げていきます。
かき混ぜたりひっくり返したりなど。
そして、麹の種をふりつけます。


酒造り
温度がきたら包み込んで寝かせる準備です。
ここまでがまず麹造りの準備段階になります。
まだ準備段階なんですよね・・・
明日までに2℃くらい温度があがるように調整していきます。


酒造り
天窓があり、ここをあけると冷たい空気が入ってきます。
また、壁のまわりには温度をあげる装置もあり、温度の上げ下げをして見守っていきます。
本日は夜中に3回くらい起きる予定です。


スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://homaresake.blog122.fc2.com/tb.php/214-9f0241d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。