群馬の日本酒の酒蔵「譽國光」6代目のブログ
群馬の美味しい日本酒を、ここ川場村から発信!!また譽國光(誉国光)の酒造りをブログでご紹介。
プロフィール

土田 祐士(つちだゆうじ)

Author:土田 祐士(つちだゆうじ)
群馬県の川場村にある日本酒の酒蔵「譽國光(誉国光)」の
社長杜氏<ほまれこっこう>と読みます。
酒造りで奮闘中!

【住所】群馬県利根郡川場村
【誕生日】1976年4月7日
【血液型】B型
【あだ名】六代目
【趣味】日本酒・PC・サッカー・車・自己啓発
【好物】日本酒・野菜・麺類
【特技】日本酒・酒造り・ガンダム
【座右の銘】笑う門には福来たる
【これを肴に日本酒が飲める】
ガンダム・銀河英雄伝説
エヴァンゲリオン・TRPG
ファミコン・ボードゲーム
パトレイバー・ブログ書き
商売ネタ・酒造り(酒作り)談話



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



コメントありがとう!



トラックバック感謝!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出麹
徹夜状態で造った麹ですが、それもそろそろ旅立ちの時を迎えました。
麹を出すことから「出麹」(でこうじ)と呼んでおります。

この出麹のタイミングですが、見た目、香り、味、手触りと四感をフル活動させて判断します。
このタイミングがずれると大変。
早ければ、力の弱い麹になりますし、遅すぎると味が乱雑になったりするからです。
おのタイミングをはかるのが





もう、酒造りは勘だらけ。
薬品とか正確なものを作るなら通用しない世界ですよね。
毎回出てくる物が違う。そしてそれを個人がすべて判断する・・・なんて楽しいんだ酒造り!



酒造り
ということで、このようになっている麹をひとつひとつパラパラに丁寧に崩します。



酒造り
そして重さをはかります。
これにより、麹を造るときと、造った後ではどのくらいの変化があったかを調べるためです。

順調に育ってくれてありがとう!
(途中温度がこなくて、かなり神経つかったけど)
明日はこの麹の晴れ舞台です!


スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://homaresake.blog122.fc2.com/tb.php/218-ff38b185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。