群馬の日本酒の酒蔵「譽國光」6代目のブログ
群馬の美味しい日本酒を、ここ川場村から発信!!また譽國光(誉国光)の酒造りをブログでご紹介。
プロフィール

土田 祐士(つちだゆうじ)

Author:土田 祐士(つちだゆうじ)
群馬県の川場村にある日本酒の酒蔵「譽國光(誉国光)」の
社長杜氏<ほまれこっこう>と読みます。
酒造りで奮闘中!

【住所】群馬県利根郡川場村
【誕生日】1976年4月7日
【血液型】B型
【あだ名】六代目
【趣味】日本酒・PC・サッカー・車・自己啓発
【好物】日本酒・野菜・麺類
【特技】日本酒・酒造り・ガンダム
【座右の銘】笑う門には福来たる
【これを肴に日本酒が飲める】
ガンダム・銀河英雄伝説
エヴァンゲリオン・TRPG
ファミコン・ボードゲーム
パトレイバー・ブログ書き
商売ネタ・酒造り(酒作り)談話



カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



コメントありがとう!



トラックバック感謝!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒母:暖気3日目
今日は、酒母の暖気3日目です。
今までは、酵母の栄養である糖化をメインにしていましたが、3日目となると糖化と一緒に、酵母を元気にさせて発酵を促進させる効果を狙っていきます。

酵母のエサをつくる「糖化」と酵母を元気にして「発酵」を進ませる。
この2つの工程を同時に行うのが「平行複発酵」といいまして、世界中で日本酒だけが行っている技術です。
これを考えた日本人って偉大です・・・


しかし、ここで問題が・・・
この気温の高さで思ったより、酒母の温度が高いんです。



酒造り
そのためこのように酒母が予定より元気になりすぎてしまっています。
いつもより泡が多いのがこの写真です。
元気になるのはいいんじゃない?と思われますが、あまり先走って元気になるとアルコールを酵母が生み出します。
アルコールばかりが出て、酒母の大事な「酵母の数を増やす」のがついていかなくなってしまうのです。
さらに、発酵が先にいってしまうのでmエサも足りなくなってきてしまいます。
だから低温度でじっくりやっていきたかったのですが・・・温暖化おそるべし(涙)



酒造り
という訳で、昨日と同じ暖気をして、そしてまわりに氷をまいて冷ましました。


今日の麹と酵母からすると


麹「また暖かいのがきたから、糖化させよう。米のでんぷんうめー。ブドウ糖をまた作っちゃうよ」

酵母「おー、今日は暖かいなー、ドンドン発酵させるよ。麹が作ったブドウ糖うめー。けど食糧危機がおきそうだよー、ってまた氷で外が寒くなってきた!ちょっと発酵をおさえようか・・・」


みたいな思惑が繰り広げられていると思われます。
うーん、発酵してる姿ってかわいい・・・(^^)

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://homaresake.blog122.fc2.com/tb.php/223-eb18463b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。