群馬の日本酒の酒蔵「譽國光」6代目のブログ
群馬の美味しい日本酒を、ここ川場村から発信!!また譽國光(誉国光)の酒造りをブログでご紹介。
プロフィール

土田 祐士(つちだゆうじ)

Author:土田 祐士(つちだゆうじ)
群馬県の川場村にある日本酒の酒蔵「譽國光(誉国光)」の
社長杜氏<ほまれこっこう>と読みます。
酒造りで奮闘中!

【住所】群馬県利根郡川場村
【誕生日】1976年4月7日
【血液型】B型
【あだ名】六代目
【趣味】日本酒・PC・サッカー・車・自己啓発
【好物】日本酒・野菜・麺類
【特技】日本酒・酒造り・ガンダム
【座右の銘】笑う門には福来たる
【これを肴に日本酒が飲める】
ガンダム・銀河英雄伝説
エヴァンゲリオン・TRPG
ファミコン・ボードゲーム
パトレイバー・ブログ書き
商売ネタ・酒造り(酒作り)談話



カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



コメントありがとう!



トラックバック感謝!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職人
蔵に鳴り響く、木工細工の音。
冬の酒蔵ではまず聞くことがない音。
なぜ当蔵ではその音が鳴り響くのか・・・


酒造り
↑じつは、当蔵の麹を担当している田辺さんは、大工さんもやっておりまして、こういった作業が得意なのです。というかプロです。
蔵にある道具も田辺さんに作って頂いたものが、たくさんあります。
今回も、注文すればウン万円とかかるものを、3日くらいで作り上げてくれました!
プロだけあって、寸法もぴったり!さすが職人技です、最高です!(^^
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント
兼業…
ほう、大工さんですか。
「杜氏さんは酒造り以外の時期は何かしらの職業に就いていて、晩秋から初冬にかけて酒蔵で酒造りをする為に各地に出かける…」と昔、学校で教わった記憶があります。
新潟では寺泊町(現・長岡市寺泊)の野積地区に酒造りの杜氏と呼ばれる人々(野積杜氏ノヅミトウジと呼称されてます)がたくさんいたそうです。当然、今もいらっしゃるでしょう。

酒造りは、六代目のリポートを読む限り、非常に辛抱の要る業種。粘り強く、辛抱強い越後人、特に雪深く荒海の凄い寺泊周辺に酒造技術に秀でた人が昔から多かったんですね。

同じ越後人でも、オイラとは全然違う…。

法師さんから入手した特別本醸造、今夜がラストショット。ゆっくり味わい、11月を締めたいと思います。
新酒の発売はいつ頃ですか?楽しみです!
【2008/11/30 17:52】 URL | 越後のスカG遣い #- [ 編集]


まいど書き込みありがとうございますm(_ _)m
新酒の発売は、中旬くらいをめどにやっておりまーす。

新潟には、まだたくさんの蔵人がおります。
が、やはり年々その数は減ってしまい、若い人も少なくっている状態です。
そんな訳で、私のような一族のものが酒を造るという人がここ数年本当に増えております。
群馬でも10蔵以上、経営者関連の人が造っていると思います。

昔は、出稼ぎと言っておりましたが、今ではその方々に配慮して、季節労働者というらしいですね。
言葉は、小さい頃教わっていたのとかわりますね~。
【2008/12/02 17:31】 URL | 六代目 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://homaresake.blog122.fc2.com/tb.php/253-603f97e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。