群馬の日本酒の酒蔵「譽國光」6代目のブログ
群馬の美味しい日本酒を、ここ川場村から発信!!また譽國光(誉国光)の酒造りをブログでご紹介。
プロフィール

土田 祐士(つちだゆうじ)

Author:土田 祐士(つちだゆうじ)
群馬県の川場村にある日本酒の酒蔵「譽國光(誉国光)」の
社長杜氏<ほまれこっこう>と読みます。
酒造りで奮闘中!

【住所】群馬県利根郡川場村
【誕生日】1976年4月7日
【血液型】B型
【あだ名】六代目
【趣味】日本酒・PC・サッカー・車・自己啓発
【好物】日本酒・野菜・麺類
【特技】日本酒・酒造り・ガンダム
【座右の銘】笑う門には福来たる
【これを肴に日本酒が飲める】
ガンダム・銀河英雄伝説
エヴァンゲリオン・TRPG
ファミコン・ボードゲーム
パトレイバー・ブログ書き
商売ネタ・酒造り(酒作り)談話



カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



コメントありがとう!



トラックバック感謝!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大吟醸 麹米洗い
本日、大吟醸の酒母用の麹米の洗いを行いました!


酒造り
これが精米歩合40%(60%削る)のお米です。
本当に、玉のように丸くなっていて、とても綺麗なお米です。
使うお米は、兵庫県の山田錦!
大吟醸を造られるとき一番使われている、まさに酒の米の中の王様です。


酒造り
まず、糠を落とすために丁寧に洗い落とします。


酒造り
そして次に、糠をもう一度落とすために流水をあてます。


酒造り
そして、最後に水につけて、お米に水分を吸わせます。
ここからが勝負!

前にも書きましたが、お米に水分をどのくらい吸わせるかを考えるのが杜氏の仕事です。
今回は「32%」を目指しました。
大吟醸なので、あまり吸わせすぎて水分が多いのもよくありませんし、水分が少ないといい麹にならないので、この数値を目指しました。


徐々に水が吸い込んでいき、お米の周りが白くなっていきます。
このときあげる判断が非常に迷うのです。
お米を見ていると様々な思考が始まります。
気温はどうだ、水温はどうだ、去年はどうだ、今年の他の米はどうだったか・・・etc.
時間がたつにつれ、こういった思考が多く入ってきます。
それに気づいた私は、今回深呼吸を思いっきりなんどもしました。
そして、移り変わる米の表情だけをじっーとみつめるようにして、思考をとめてみました。


酒造り
頭の中に「あと1分」という声が響きました。いや本当に。
なので、この声から1分まって引き上げました。

今までの秤をと違い、デジタルの秤を買いました!
これにより、とても小さな単位まではかれます。

ちなみに、お米の重さが8kg。
このかごの重さが2.3kg。
8kgのお米に32%水分を吸わせたいので、重さとしては8×1.32=10.56
それにかごの重さの2.3kgがたされるので=12.86kgがぴったりとなります。




酒造り
マーベラス! ヽ( ゚д゚ )ノ
さすがにこれは自分でもびっくり。写真用に数字あわせしてないですよ(笑)
一緒にやっていた小野さんも驚いておりましたが、ちょっと奇跡すぎです。
一発目から幸先のよいスタートとなりました!今後もどうぞご期待下さいm(_ _)m

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

グラム単位の吸水調整!!!
すごいことですね!

今年も美酒を期待できそうですね!!
【2009/01/07 14:14】 URL | くま #- [ 編集]

Re: タイトルなし
ありがとうございます!
かなり順調に進んでいるので、良い酒を醸し出します!(^^
【2009/01/09 10:17】 URL | 六代目 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://homaresake.blog122.fc2.com/tb.php/279-ab38de16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。