群馬の日本酒の酒蔵「譽國光」6代目のブログ
群馬の美味しい日本酒を、ここ川場村から発信!!また譽國光(誉国光)の酒造りをブログでご紹介。
プロフィール

土田 祐士(つちだゆうじ)

Author:土田 祐士(つちだゆうじ)
群馬県の川場村にある日本酒の酒蔵「譽國光(誉国光)」の
社長杜氏<ほまれこっこう>と読みます。
酒造りで奮闘中!

【住所】群馬県利根郡川場村
【誕生日】1976年4月7日
【血液型】B型
【あだ名】六代目
【趣味】日本酒・PC・サッカー・車・自己啓発
【好物】日本酒・野菜・麺類
【特技】日本酒・酒造り・ガンダム
【座右の銘】笑う門には福来たる
【これを肴に日本酒が飲める】
ガンダム・銀河英雄伝説
エヴァンゲリオン・TRPG
ファミコン・ボードゲーム
パトレイバー・ブログ書き
商売ネタ・酒造り(酒作り)談話



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



コメントありがとう!



トラックバック感謝!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大吟醸 酒母麹造り②
昨日洗ったお米を、本日は蒸しまして麹造りに入ります。


酒造り
自然の冷気を使って、あら熱をとります。
気温が低いため、油断するとすぐに冷えてしまうため、本当に一瞬だけ冷やします。


酒造り
そして麹室に入れてここでも冷やします。
冷やすといっても室温は40℃近くあります。40℃で冷やすってどういうこと?なのですが。
まず入れてきたお米は50℃以上あります。そして室温が40℃あります。
その差で徐々に冷やしていくのが目的なのです。
これは、外の気温で一気に冷やすとムラが出てしまうので、暖かいうちに部屋に入れて、均一に冷やすためなのです。
そのため、ずっと見守っているので、ぷちサウナ状態(汗)
やせます。


酒造り
32℃くらいまで徐々に冷やしたところで、種麹をふって包みます。
温度が一定のままいくか、今日は泊まりながら見守っていきます!

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://homaresake.blog122.fc2.com/tb.php/280-20720057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。