群馬の日本酒の酒蔵「譽國光」6代目のブログ
群馬の美味しい日本酒を、ここ川場村から発信!!また譽國光(誉国光)の酒造りをブログでご紹介。
プロフィール

土田 祐士(つちだゆうじ)

Author:土田 祐士(つちだゆうじ)
群馬県の川場村にある日本酒の酒蔵「譽國光(誉国光)」の
社長杜氏<ほまれこっこう>と読みます。
酒造りで奮闘中!

【住所】群馬県利根郡川場村
【誕生日】1976年4月7日
【血液型】B型
【あだ名】六代目
【趣味】日本酒・PC・サッカー・車・自己啓発
【好物】日本酒・野菜・麺類
【特技】日本酒・酒造り・ガンダム
【座右の銘】笑う門には福来たる
【これを肴に日本酒が飲める】
ガンダム・銀河英雄伝説
エヴァンゲリオン・TRPG
ファミコン・ボードゲーム
パトレイバー・ブログ書き
商売ネタ・酒造り(酒作り)談話



カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



コメントありがとう!



トラックバック感謝!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒造りブログ:座布団飛ぶの巻

座布団がとんでるーぅ!! ( ゚д゚)


酒造りのメンバー達と昼食や夕食をともにするとき、NHKをみております。
そのため、日々のニュースがわかり、また地方の名産や文化がわかり、落語を目指す女の子の人生まで見ちゃったりしております。
ちなみに今日は、遠方にいらっしゃる方々の歌声を聴いておりました。

たまに「このテレビNHKしか映らないんじゃないの?」と疑問をもってみたりするくらいNHKしか見ていないのですが、今日の締めは、力人達による夢の競演「大相撲」でございます。

飛んだね。座布団が飛んだね!
いやー、私も一度、座布団を飛ばしたいですね!
いやむしろ土俵に立って飛ばされるほうにいたいね!(絶対無理です)

しかし、座布団をなぜ飛ばすのでしょうかね?
他になにか飛ぶものはないのでしょうかね?
相撲を見ていると仮定して身近にあるもの・・・



本日の取組表(紙飛行機にしないと飛距離でない)

砂(遠くまで飛ばないし、近くの人にあたって迷惑)

枡席のおみやげ(もったいないし危険)

隣の観客人



うん、座布団しか無理だ (;´Д`)





では、本日の酒母さんの様子でございます。
(いつも通り前振りと内容は一切関連がありません)


酒造り093
酒母の表情としてはこのような感じです。
だいぶ泡もおちつき、非常に静かな状態です。海でいうとさざ波といった感じでしょうか。
しかし、実はこれは嵐の前の静けさ。
この酒母さんは、明日「使用」(しよう)という段階に入ります。
譽國光(誉国光)では「モト卸し」(もとおろし)と言っております。

この酒母さんがどうなってしまうのか。
次は、酒母から「添」(そえ)、という段階にうつります。


添とはなんぞや??
と、お思いになると思います。
ここから先は、ひじょーに説明が難しく、理解して頂けるように説明できる簡単な言葉がないので、少し専門的な言葉も入ることご了承くださいm(_ _)m


まず、お酒を造る量を10といたします。
このとき、酒母の量は、10に対して1と思って下さい(実際の数値とは異なり、あくまでもたとえです)
そして、次の添の段階で、その量を3にまでもっていくと思って下さい。
お酒造りの最終目的である10を造るまでの、途中段階と思って頂いて良いと思います。
ちなみに、次に量を増やすことを「仲」(なか)、最後に「留」(とめ)、といいます。
仲は、たぶん真ん中くらいだから仲。留は最後だからとめる意味で留、なんだと思います。
普通の感じを使うと間違いやすいので、当て字をしているのかなー、と私は思っていたのですが、元来はそういう意味だったのかもしれません。
このように、原料を添・仲・留と三分割にわけることから



三段仕込み(さんだんじこみ)


と呼ばれており、



日本酒だけの独特技術


でございます ( `・ω・´)
三段仕込みとかは、聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実は、上記のように説明した意味です。


なんで、このような分け方をするのか?
端から見ればめんどくさくて、いっぺんにやればいいじゃない!と思われるかもしれません。
確かに醸造酒ではこのような手間はせず、使用する原料をいっぺんに入れて終わりにしていしまいます。
それの方が確かに我々も楽でよいのですが・・・長くなりますので、続きはまた明日!(逃げているわけじゃないですよ)



というわけで、添の準備のために明日いよいよモト卸しをする事になりました。
娘を嫁に出す心境でしょうか・・・そう思うと、酒母の静けさが「お父様、私は明日お嫁にいきます。」といったように感じてしまうのは気のせいでしょうか?
子供がいないのでその心境がわかりませんが。そもそも結婚していませんが。


ちなみに、添をするためには、やはり麹が必要になります。
これは、仲にも留にも必要になっております。
つまり、1回のお酒を造るのに、酒母を含めて4回の麹を造ることになります。

これとこれとこのような作業を繰り返すわけです。
今日も今日とて、暑い麹室の中に出て氷点下近い外にでたり、そして泊まって見守ったりを繰り返しております。
きついですが、がんばっておりますので、皆様の座布団を飛ばしながらの応援よろしくお願い申し上げます!m(_ _)m

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://homaresake.blog122.fc2.com/tb.php/36-c8e540a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。