群馬の日本酒の酒蔵「譽國光」6代目のブログ
群馬の美味しい日本酒を、ここ川場村から発信!!また譽國光(誉国光)の酒造りをブログでご紹介。
プロフィール

土田 祐士(つちだゆうじ)

Author:土田 祐士(つちだゆうじ)
群馬県の川場村にある日本酒の酒蔵「譽國光(誉国光)」の
社長杜氏<ほまれこっこう>と読みます。
酒造りで奮闘中!

【住所】群馬県利根郡川場村
【誕生日】1976年4月7日
【血液型】B型
【あだ名】六代目
【趣味】日本酒・PC・サッカー・車・自己啓発
【好物】日本酒・野菜・麺類
【特技】日本酒・酒造り・ガンダム
【座右の銘】笑う門には福来たる
【これを肴に日本酒が飲める】
ガンダム・銀河英雄伝説
エヴァンゲリオン・TRPG
ファミコン・ボードゲーム
パトレイバー・ブログ書き
商売ネタ・酒造り(酒作り)談話



カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



コメントありがとう!



トラックバック感謝!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒造りブログ:モト卸し編

キャスト豪華!


昨日「点と線」がTVドラマ化されたという事なので、見ておりました。
以下、ネタばれがありますので、もしビデオで撮っていて見ていないという方がいらっしゃいましたら、とばして頂けますでしょうか。
(ちなみに、二日連続だと知らず、後半しかみておりません)





主演がビートたけし。という時点でかなり気合いが入っているドラマなんろうなー、と感じました。
そして、ちょい役でも、芸能界にうとい私でも知っているような俳優さんを起用。
そうか、高橋克典が年を取ると、宇津井健になるのか・・・なるほど。


ここまで豪華キャストだと、ギャラだけでいくらなの!?
と思っていたら、そういう風に思いながらみるのは、商売人の家系だと言われました。
なるほど、そう言われると、物をみたり買ったりするとき、原価や卸価格を思わず想像してしまう癖がありました。
そういう風に思いながら買い物する人って少ないんですかね??


さてさて、そういった豪華キャストなので、最後のスタッフロールをどうやって並べるのか、ひじょーに興味ありました。
なんというのでしょうか、芸能界の上下関係や、制作者の悩みがけっこう出ているんじゃないかと、邪推しながら楽しみにしておりました。

しかしながら、お酒造りは生き物なので、ドラマの途中でいったん様子を見に行かないといけません。
鳥飼さんが、ちょうど捜査から外れるところくらいでした。
後ろ髪引かれながらも、ここで油断してお酒をダメにしてしまっては意味がないので、気温も心も寒いなか麹をみに行きました。


麹の方は温度が低かったため、温める処理をしておりました。
もしそのままTVを見ていたら、危なかったところです。良かった良かった。やはりお酒造り優先でなくては (`Д´)


(作業中)



(作業しながら、ドラマの続きを予想中)




さて、無事にリカバリーをして戻ってきますと





安田容疑者夫妻が死んでました ( ´Д⊂ヽ


何がおきたんだ~ぁ。
今まで見てきたのが、すべて意味がなかったような敗北感 _| ̄|○
いや、お酒造りは無事にいったので、よしとすべきですよね。


・・・試合に勝って勝負に負けた心境 _| ̄|○
(結構尾を引くタイプです)





さて、先日も書き込みました、モト卸しに関してです。
作業的にはそれほど大変なものではありません。



酒造り094
このようなポンプで・・・



酒造り095
こちらの大きいタンクに移す、というものです。
一応これで終了です。

しかし、このタンクが大きく、しかも外気は冷たいので、実は危険な状態でもあります。
発酵が止まってしまい、お酒にならなくなる可能性があるからです。
明日の添を仕込むときまで、また夜に見守りに行きます!

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

ボクも「点と線」見ましたよ。空白の4分・・・改めて本を読みたくなりましたv-237
【2007/11/26 23:12】 URL | 辰巳屋 #- [ 編集]


同感でございます!
お酒造りで泊まりの時に、一度見なおしてみよかなー・・・
【2007/11/30 18:23】 URL | 六代目 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://homaresake.blog122.fc2.com/tb.php/37-80874958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マリと子犬の物語

新潟・山古志村に暮らす石川家の2人の子供たちが、段ボール箱に入った捨て犬を見つけた。だが、父の優一(船越英一郎)は大の犬嫌い。そこで祖父の優造(宇津井健)を味方につけ、飼うことを許してもらった。その子犬はマリと名付けられ、やがて3匹の赤ちゃんを産んだ。... 本ナビ!by Tamecom,酒造りブログ:モト卸し編【2007/12/07 20:32】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。