群馬の日本酒の酒蔵「譽國光」6代目のブログ
群馬の美味しい日本酒を、ここ川場村から発信!!また譽國光(誉国光)の酒造りをブログでご紹介。
プロフィール

土田 祐士(つちだゆうじ)

Author:土田 祐士(つちだゆうじ)
群馬県の川場村にある日本酒の酒蔵「譽國光(誉国光)」の
社長杜氏<ほまれこっこう>と読みます。
酒造りで奮闘中!

【住所】群馬県利根郡川場村
【誕生日】1976年4月7日
【血液型】B型
【あだ名】六代目
【趣味】日本酒・PC・サッカー・車・自己啓発
【好物】日本酒・野菜・麺類
【特技】日本酒・酒造り・ガンダム
【座右の銘】笑う門には福来たる
【これを肴に日本酒が飲める】
ガンダム・銀河英雄伝説
エヴァンゲリオン・TRPG
ファミコン・ボードゲーム
パトレイバー・ブログ書き
商売ネタ・酒造り(酒作り)談話



カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



コメントありがとう!



トラックバック感謝!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都内某所①
六本木
ここは、都内某所。
某六本木ビルでございます。

うーん、都会は色々あってすごい。
とくに電車は3分に一本はくる。
あと、都内のファーストフードにはコンセントがついてて、パソコンやらゲームやらができる状態。
さてそこでひとつ思いつきました。
「便利になればなるほど不満が大きくなる」のでは?と。

例えばコンセントがあるファーストフード。
ここに慣れてしまえば、ついてないファーストフードに行ったとき「なんだないのかよ」という不満がでます。
電車が3分に一回くる場所にいれば、我々のような1時間に1回の場所にくれば不平不満がでるんだろなーと。
今ある便利なことを築き上げた先人にどれだけ感謝をしている方がいるのかとても疑問におもいました。

私のような田舎者には、東京のような場所はとてもすごい場所です。
しかし東京の人にはこれが日常。
戦後の方が「今の世の中はありがてーなー」と言っていた一言が強く思い出される一日でした。
この便利な場所で育った子供達はいったいどこに向かっていくのでしょうかね・・・
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント
東京
小生も約4年ほど八王子にて学生生活を送っておりましたが、確かに便利でした。
便利過ぎて、実家に帰っても不便で仕方ないと感じたこともありました。

でも今は違います。多少不便なくらいがちょうどいいと思っています。あまりに便利過ぎると人ってダメになってく気がするんですよねぇ…。それに必要以上に便利なものもありますし、ITやデジタルがはびこる世の中、多少アナログでスローで不便でもいいんじゃないすか?

【2009/09/27 11:23】 URL | 越後のスカG使い #- [ 編集]

Re: 東京
まさにおっしゃるとおり!
多少不便くらいのほうが、自分で色々考える楽しさもあって、生きてる感じがします。
便利すぎると、まわりに活かされすぎて、それに頼った生活になってしまいますからねー。
【2009/10/07 08:52】 URL | 六代目 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://homaresake.blog122.fc2.com/tb.php/488-26d54296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。