群馬の日本酒の酒蔵「譽國光」6代目のブログ
群馬の美味しい日本酒を、ここ川場村から発信!!また譽國光(誉国光)の酒造りをブログでご紹介。
プロフィール

土田 祐士(つちだゆうじ)

Author:土田 祐士(つちだゆうじ)
群馬県の川場村にある日本酒の酒蔵「譽國光(誉国光)」の
社長杜氏<ほまれこっこう>と読みます。
酒造りで奮闘中!

【住所】群馬県利根郡川場村
【誕生日】1976年4月7日
【血液型】B型
【あだ名】六代目
【趣味】日本酒・PC・サッカー・車・自己啓発
【好物】日本酒・野菜・麺類
【特技】日本酒・酒造り・ガンダム
【座右の銘】笑う門には福来たる
【これを肴に日本酒が飲める】
ガンダム・銀河英雄伝説
エヴァンゲリオン・TRPG
ファミコン・ボードゲーム
パトレイバー・ブログ書き
商売ネタ・酒造り(酒作り)談話



カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



コメントありがとう!



トラックバック感謝!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田錦到来!
ウルトラセブンが、メンタンピンとしゃべる事にぷちショック!



先日、節約の話をしましたが、もうひとつ。

夕飯の買い出しのため、某スーパーに買い物に行ったときです。
ダシ汁を作りたいので、粉状のかつおダシを買おうと思いました。
こういうダシも色々あるんですね。かなりの種類の中から何を選ぼうか悩んでおりました。
値段はピンキリなのですが、分量がかなりまちまち。
それほど量はいらないので使い切りのサイズがいいのですが、意外と高い。
逆に一袋にまとまっているのは、値段は安いのですが量が多い。
また使うかと思えば、量が多くてもよいのですが、保管に困る。
さらに、この値段の差で味がかわるのか。パッケージをとっては表示を見比べる・・・



などと本気で10分くらい悩んでいました。


端から見たら、この人はダシを目の前に何を悩んでいるんだろう、と心配に思われたかもしれません。
いいんです、こっちは節約のために真剣なんですよ!

酒造りのコスト削減にはまったく貢献していないことに後から気づきました(´・ω・`)
むしろ、早く買い物してその分を仕事にまわしたほうがいい事にも後で気づきました(´・д・`)



という訳で、そのくらい厳選して材料を選ぶ私ですので、お酒造りの材料も厳選しております!
その中で本日紹介するのは「山田錦」でございます。
知る人ぞ知る、大吟醸によく使われるお米、山田錦。
このお米は「酒造好適米」(しゅぞうこうてきまい)という分類に属しております。
これは、お酒を造る時に適しているお米ということで、国が定めている品種になります。



酒造り108
写真をみて頂くと、中心部分に白いものがあります。
これが「心白」(しんぱく)といいます。
こころがしろくて、しんぱくとは、なかなか粋な名称ですよね。

この心白は、でんぷん粒がつまっていて、水を吸う具合もよく、また良い麹が作りやすくなるといった、とても重要な部分になります。
さすが酒造好適米というだけあって、山田錦はこの心白がとても多くあります。
しかし、その分とても扱いがシビアなのです。

何がシビアかというと、水分を吸うタイミングがとてもとりづらいのです。
ある時間までまったく水分を吸わないので油断をしていると





Σ(゚Д゚)



というように、一瞬にして水を吸ってきます。
そのため、片時もお米から目を離すことができません。
わずか30秒の時間のずれで、吸水の歩合がかわってしまいます。
それなので、迷っている暇はありません。




ここだ!



と、自分の勘に思いをこめてあげて




あ、少し吸いすぎた(TдT)




という事があるのが怖い山田錦です(;´ρ`)





スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント
心白が気になります。
待望の山田錦ですか。
搗精歩合のどれくらいかな60%ぐらいですか。
なんだか見た目は全体に心白の出が悪く見えます。
写真の写り方が悪いかもね。
でもいいお酒できるいいですね。
【2007/12/17 14:50】 URL | 元 山田錦 #- [ 編集]

まことに言いにくいのですが・・・
携帯写真なのでご勘弁ください(>_<)

なお、大変申し上げにくいのですが・・・この山田錦は、元 山田錦さんが以前いらっしゃったところから・・・(^^;
【2007/12/19 17:53】 URL | 六代目 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://homaresake.blog122.fc2.com/tb.php/51-6e095588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。