群馬の日本酒の酒蔵「譽國光」6代目のブログ
群馬の美味しい日本酒を、ここ川場村から発信!!また譽國光(誉国光)の酒造りをブログでご紹介。
プロフィール

土田 祐士(つちだゆうじ)

Author:土田 祐士(つちだゆうじ)
群馬県の川場村にある日本酒の酒蔵「譽國光(誉国光)」の
社長杜氏<ほまれこっこう>と読みます。
酒造りで奮闘中!

【住所】群馬県利根郡川場村
【誕生日】1976年4月7日
【血液型】B型
【あだ名】六代目
【趣味】日本酒・PC・サッカー・車・自己啓発
【好物】日本酒・野菜・麺類
【特技】日本酒・酒造り・ガンダム
【座右の銘】笑う門には福来たる
【これを肴に日本酒が飲める】
ガンダム・銀河英雄伝説
エヴァンゲリオン・TRPG
ファミコン・ボードゲーム
パトレイバー・ブログ書き
商売ネタ・酒造り(酒作り)談話



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



コメントありがとう!



トラックバック感謝!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大吟醸米洗い

どこからか声が聞こえる
という体験をされたことありますでしょうか?
いや、幽霊とか、幻聴とかそういう類のものではなくて(;´∀`)



さて、本日からいよいよ大吟醸のお酒造りが始まります。
大吟醸といいますと、大抵の酒蔵で一番気合いが入る酒造りでもあります。
蔵のエッセンスが、この一滴にすべて凝縮される、と言えるかもしれいほどであります。

さて、大吟醸も麹造りから入ります。
まずお米。

酒造り114 

なんと、6割もまわりを削って、残り40%だけしか使わない、という贅沢なお米であります。
使うのは、兵庫県産の山田錦です。
原料米としては高価ですが、とても綺麗でふくらみのある味が出るため、大吟醸はこの山田錦で造る酒蔵多いです。

他のお米同様、洗米をいたします。

酒造り117

通常のお洗米と同じように見えますが、実は吟醸関係は水の温度が違います。
通常は13℃くらいの水を使ってますが、
このお水4℃です。
バナナが凍るいきおいです(凍りません)

大雪がふるさすがの川場村でも、普通の水では4℃にはなりません。
タンクで冷やしたお水をひっぱってきます。


酒造り115

このようなポンプで。


酒造り116

ながーい、廊下をわざわざひっぱてきます。
手袋をしていても、さすがに手が冷たいお水でございます。
しかし、お米をうまく処理するために仕方がないのです。いじめではありません。


いぜん書きましたがお米にどのくらい水をすわせるかここでも計ります。
というか、今まで計ってきたのは、この大吟醸のための試験といってもいいくらい、大吟醸はシビアでございます。
そこで、今回は自分の勘だけに頼るのでなく、少量のお米で試験をしました。
その試験を参考に、吸水時間を決めることにしました。



酒造り118

このような感じで、水の水具合を目で確認しながら、試験した時間に近づくのを待ちます。
ストップウォッチを片手に、流れる静寂。
段々と、試験した時間に近づきます。
そして、あと1分というところで、

そこで、最初に書いた声が聞こえるのです。



もう少し時間のばしたほうがいいんじゃない?


と。
見れば確かに、まだあんまり水を吸ってないような様子なのです。
声をや自分の視覚を信じるのか、データを信じるのか・・・

タイムリミットは1分。

・・・悩む。


見た目は、確かに吸ってないように思える。




しかし、データではこの時間。




自分を信じてのばすのか?





データを信じてこのままあげるのか?







そしてわたしは







データを信じました。







結果。







吸ってなかった(´;ω;`)



神様の声なのかはわかりません。
しかし、確かに何かがささやきました。
わたしはその声を信じませんでした。
自分の目さえ信じず、データを信じました。


自信のなさでしょうか?
それとも、データがはびこってる世界に慣れたため、それを盲信してしまったのでしょうか?
酒造りは五感が大事ということを忘れていたことを、神様が水を吸ってないことで、教えてくれたのかもしれません。



・・・神様、違う形で教えて欲しかったです(涙)

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント
私も・・・
あけましておめでとうございます!
私も神様の声はよく聴きます・・・・

でも、大抵は「そんなの関係ね~」と
無視してしまいます・・・・

今年も元旦から神の声が
「その台出ないよ~」って・・・・

神の声にしたがってれば良かった・・・
【2008/01/07 13:08】 URL | 琴音の父 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://homaresake.blog122.fc2.com/tb.php/65-74cd979a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。