群馬の日本酒の酒蔵「譽國光」6代目のブログ
群馬の美味しい日本酒を、ここ川場村から発信!!また譽國光(誉国光)の酒造りをブログでご紹介。
プロフィール

土田 祐士(つちだゆうじ)

Author:土田 祐士(つちだゆうじ)
群馬県の川場村にある日本酒の酒蔵「譽國光(誉国光)」の
社長杜氏<ほまれこっこう>と読みます。
酒造りで奮闘中!

【住所】群馬県利根郡川場村
【誕生日】1976年4月7日
【血液型】B型
【あだ名】六代目
【趣味】日本酒・PC・サッカー・車・自己啓発
【好物】日本酒・野菜・麺類
【特技】日本酒・酒造り・ガンダム
【座右の銘】笑う門には福来たる
【これを肴に日本酒が飲める】
ガンダム・銀河英雄伝説
エヴァンゲリオン・TRPG
ファミコン・ボードゲーム
パトレイバー・ブログ書き
商売ネタ・酒造り(酒作り)談話



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



コメントありがとう!



トラックバック感謝!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大吟醸選定中
がんばって造った大吟醸ですが、このお酒は全国の新酒鑑評会というものがありまして、そこに審査して頂くためにお酒を出します。

大吟醸搾る袋吊りは、搾った時間の経過によって味が異なります。
つまり、最初に搾ったものと、最後の方では味が異なるのです。
そのためどの時間帯のお酒が一番味が良いかこちらで考えなければいけません。



酒造り136

このように、経過した時間にそって搾ったお酒を並べまして、すべて利き酒をします。
利き酒は、飲んでしまうとべろんべろんに酔ってしまうため、口の中にいれたら吐くのが基本です。

口に入れてどれが良いかひじょーに悩むため、一発で決めることはできません。
そのためあちこち行ったり来たりします。
それだけ複数繰り返してますと、たとえ飲まずに吐いたとしても



酔います


口の中も麻痺してしまうため、何回休憩をしてやり直しもします。
人それぞれにやり方があるようですが、私は途中で水を飲んだりすると舌の感覚が戻ってしまうため、一気にやります。

しかし今日では決められなかったため、数を絞ってまた明日行いますm(_ _)m


スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

こんにちは!

新種鑑評会ようのお酒は、販売するものとは別に造るのですか?それとも販売用のお酒の中から出すのでしょうか?
何れにしても大変な作業ですね、ご苦労様です!

加藤薫著、『桶屋の挑戦』(中公新書ラクレ)という本を今読んでいるのですが、とても面白い本ですよ!
木の桶による酒造りを復活させた話がたくさん出てきます。
【2008/03/11 14:08】 URL | くま #- [ 編集]


◆くまさんへ
ご質問ありがとうございます!
手前どもの蔵では、鑑評会用の特別なお酒を造ります。
といっても全部が出せるわけではないので、当然お酒もあまります。それは販売させて頂いております。
一番良いところをお客様にお出しできないのは申し訳ないのですが・・・(T_T)
本、とっても興味ありますので、今度探してみます!!
ありがとうございます!


【2008/03/11 22:13】 URL | 六代目 #- [ 編集]

ありがとう
早速のお返事ありがとうございました!

ちょうど自動車メーカーが公道を走るわけでもないF1カーを必死に開発するのと同じようなことなのでしょうね。
鑑評会に向けて全力をあげて酒造りをすることが、何年か後の酒造りの肥やしになっていくのでしょうね。
とても良いお話を戴きありがとうございました!
【2008/03/12 00:13】 URL | くま #- [ 編集]


◆くまさん

なるほど、素敵なたとえありがとうございます。
ホンダのCMで、F1の技術を通常の車にもっていくように、私どもの蔵でも大吟醸の技術を他のお酒にも踏襲しているようにしております。
吟醸の造り方を基本に考えますと、他のお酒も非常に美味しくできますので(^^
【2008/03/12 17:44】 URL | 六代目 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://homaresake.blog122.fc2.com/tb.php/99-9af63bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。